女性リーダーのための「周囲を巻き込む」コミュニケーションスキル

  • MANAGEMENT & PROFESSIONAL
  • BASIC
  • コミュニケーション
  • マネージャー
  • リーダー
  • 次世代幹部
  • 課長
  • 中堅
  • 女性
  • ワークショップ
  • 女性講師
  • ベーシック300
  • more

自己の行動特性を知り、その行動特性をいかしてメンバーのやる気を引き出すための講座

女性リーダーのための「周囲を巻き込む」コミュニケーションスキル

事前にEQ診断でご自身の強みと弱み(課題)を数値化して把握し、セミナー当日に結果のフィードバックと開発に向けたアドバイスが得られます

開催日(期間)
2018年5月18日 (金)
定員
30
受講料
43,200円(税抜き40,000円)
申込期間
2018年1月24日(水)~5月8日(火)

女性リーダーのための「周囲を巻き込む」コミュニケーションスキル

開催日時

2018年5月18日(金)13:00~17:00

12:30開場

会場
丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム

プログラム

1.オリエンテーション
 (1) 自己紹介
 (2) お互いを知る
 (3) 感情に注目するということ

2.EQを理解する
 (1) EQの重要性
 (2) 【ワーク】対人関係におけるEQとは?
 (3) ビジネスにおけるEQの役割

3.EQIフィードバックとスキルの強化
 (1) アセスメントシートの見方、読み方
 (2) EQを構成する24の素養
 (3) 【ワーク】自他の感情を知る
 (4) 対人関係力を知る/スキル強化
 (5) 【ワーク】ロジカルに伝える
 (6) 【ワーク】アサーティブに伝える
 (7) 状況の判断/スキル強化
 (8) 【ワーク】「褒める」スキル

4.分析と行動計画
 (1)EQの開発
 (2) 【ワーク】自分の強み弱みの分析
 (3) 【ワーク】目標と行動計画に向けて

5.Closing



そもそも・・・「EQ」って何?
 

EQ(行動特性)は、こころの知能指数をあらわします。対人関係や感情コントロール法に重点をおいた知数で、IQ(知能指数)に対応する言葉として紹介されます。心理学者・エール大学エールカレッジ学長のピーター・サベロイ氏と、ニューハンプシャー大学のジョン・メイヤー博士が提唱しました。
 世界トップ企業といわれる「フォーチュン500社」のうち、8割がなんらかの形でEQを導入しています。最近は日本でも企業や教育現場の人材育成などに広く取り入れられています。
 EQは、だれもが生まれながらにして持っていて、学ぶことでさらに高められるスキルといわれています。



セミナー参加の前に受ける「EQI」とは?

EQIは、あなたのEQを知るための行動特性検査です。ご自身の強みと弱みを理解してからセミナーに参加すると、学習効果を高めることができます。所要時間は30~40分、WEBで回答していただきます。申込締切日の後に、事務局からメールで詳細をご案内します。アセスメント結果はセミナー当日、ご本人に直接お返しします。
※ EQIにかかわる個人情報は、EQIの取り扱いライセンスを持つ(有)アイズプラスに開示し、他の目的に利用されることはありません。
※ EQIを受けた後での受講キャンセルはお受けいたしかねますので、ご注意ください。



前回の受講者アンケート(抜粋)
 「自分のEQと、それに対する具体的な行動例を知ることができた」
 「話がとても楽しく分りやすく、講師が参加者に寄り添っていた」
 「講師自身の体験等を織り交ぜていたので分りやすかった」
 「様々な方と接することができ、内容が盛りだくさんだった」
 「自分を見つめ直すことができた」
 「人間関係をつくるワークが参考になった。早速取り入れます」
 「EQ診断から自分自身の行動の強み、弱みを把握でき、明日からの行動も把握できた」
 「EQが高いからよいわけでなく、1つ1つの行動をとれているかがポイントだと分かった」
 「分析結果をベースに聞けたので、自分事としてとらえられた」
 「話が楽しい。面白くあっという間に時間がすぎた」

セミナーの狙い


 「ビジネスで成功した人は、例外なくEQが高い」
  ――心理学者・エール大学エールカレッジ学長 ピーター・サベロイ氏



プロジェクトチームや社内外の横断的なチーム活動など、上司という立場でなくても、リーダーとして多様なチームメンバ-を率いる機会が増えています。このようなリーダーに期待されるのは、感情をうまく活用してメンバーに影響力を与えられる、すなわち理論と感情のバランスがとれるコミュニケーションスキルです。

このセミナーのゴール(目標)は、EQ(感情知性)を活用し、周囲の人に積極的に関わり巻き込むことで、成果を達成するリーダーとしてのコミュニケーションスキルを身につけていただくことです。
事前にEQ診断でご自身の強みと弱み(課題)を数値化して把握し、セミナー当日に結果のフィードバックと開発に向けたアドバイスが得られます。

チームの成果を目指す方、メンバーの力を最大限に生かしたい方、そして、組織に無くてはならない女性リーダーを目指している方のご受講をお待ちしています。

申込締切日:5月8日(火) ※締切後に受講したい方は事務局へお問合せください。

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • コミュニケーション力
  • チームマネジメント
  • チーム思考
  • ビジネス解決力
  • ホスピタリティ
  • モチベーション
  • リーダーシップ力

「コミュニケーション」に関連するおすすめの講座

  • 「伝わる説明力(口頭・プレゼンなど)トレーニング」

    ビジネスにおいて、自分の意図を正確に口頭説明することは、説得で成果をあげるためには不可欠です。相手を自分の希望通りに動かすための第一歩にもつながります。 ただし、相手に伝わるように表現するには一定のル...続きを読む

  • 伝わる・通じる文章を書く5つの力

    日本語の文章にもかかわらず、何が言いたいのか分からない。文法や論理は正確でも、内容に納得感がなく、次のアクションにつながらない――。文章という基本的な表現方法でありながらこのような指摘を受け、苦手意識...続きを読む

  • 残業しない働き方の「しかけ・改善」具体策

    労働力人口の減少や人材不足対策として、多様な人材を活用するための「働き方改革」が叫ばれ、様々な就業環境の準備と労務管理制度の構築が進められています。 一方で、このような多様な就業環境(時短やフレックス...続きを読む